idea sharing about apple products.

中古パーツ、続々販売中!

先日のStudio Display、PowerMacG4 MDDに続き
弊社通販サイトにて、中古のパーツ類が次々と
蔵出しされております(笑)
その中に今となっては生産中になってしまい
入手が困難なものなども含まれておりますので
是非是非のぞきに来て下さい!!
bisystem3.gif


今回新たに販売開始したのは
『Bi-System  DVI to ADC Sharing Box 』(上記写真)
こちらはADCポートを持つMacintoshと、DVIポートを持つMac(又はwinPC)
それら二台を一台のADCモニタで共用することが出来るという
優れもの。
ご存じの通りADC接続というAppleが独自に開発した接続規格は
本体からの電源供給がある為、ディスプレイ側で電源ケーブルの接続が
不必要だったばかりでなく、ディスプレイ自体の裏側にUSBやFireWireの
挿し口が付いていたため、わざわざMac本体の裏側から引っ張ってこなくても
机の上で簡単に接続出来るという強みがありました。
またディスプレイ前面にある電源ボタンで、本体の起動も出来たため
起動が楽。という事で大変重宝したディスプレイでありました。
ただ、時代の流れからなのか?
Apple得意の勝手に開発して勝手に止めちゃうパターンって奴で(笑)
現行の本体やディスプレイにも、もはやこのADCという規格は採用されておりません。
(なんなのよホントにw)
とは言え、まだまだ現役で使ってらっしゃる方も多いこのADCディスプレイ。
当時のPowerMacとセットでお持ちの方などで
それとは別にもう一台 DVI接続のMacやWin持ってるぞ!!って方は
こいつを使う事で、二台の本体を一台のディスプレイで切り替える事が
出来ちゃう!! 
うーむ、もしかして結構便利なのでは??
中央のスイッチを押す事で、瞬時にそれぞれの本体からの映像に
切り替える事が出来ますので操作も簡単。
この商品、現在は生産中になってしまっており入手困難。
貴重な逸品です。このチャンスをお見逃し無く!!

商品はこちらで販売しております。お早めに


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です