idea sharing about apple products.

修理出すならお早めに!

Appleによる、いわゆるメーカー修理ってヤツは
永遠ではありません ( んな事知ってるよ!w)
よくある購入後についてくる保証期間とは別に
修理サポート期間なるものがあるんですよね。

Appleで言うと、
1、商品を購入した全員にもれなく付いてくるのが一年間の商品保証。
2、次にAppleCare Protection Planという有料だけど保証期間を3年に延長するサービス。
3、一般的な有償修理受付(機種毎に一律の料金が設定されています)

この3段体制になっています。
ところが、この3番の有償修理受付も発売後
一定期間が経過すると打ち切りになってしまうんですよ。
最近で言えば、2004年〜2005年前半に発売されたMacがこの対象になっていて
例を出すと、MacMiniのPowerPC版、iMacG5、PowerMacG5とかがそれにあたります。

弊社に修理依頼をしてくださるお客様の多くに、
「Appleに電話したら、もう部品が無いから修理出来ないと断られた」という方が
いらっしゃるんですが、これがそのサポート期間終了ってヤツなんですよ。

今まさにAppleが修理を打ち切ろうとしている2005年までに発売されたマシンですが、
翌年の2006年初頭に intelプロセッサ搭載のiMacやMacBookが発表になった事からも
PowerPC最後のモデルだったりする訳で、
「これでようやくG4とかG5の修理しなくて済む、
よし!とっととサポート打ち切っちゃえ!!intel最高!長友intel入ってる!!」
とか考えてそうw

下手すりゃ数年後にはApple自体「PowerMac?何だっけそれ?そんなのあった?」とか
言い出しそうな感じもしますからね(笑)

 

おっと、話が長くなりましたが
そもそも今回、このネタを書こうと思ったのは
つい先日、唯一サポートが切れていなかったPowerMacG5の最終型
Late2005モデルの修理についてAppleに問い合わせたところ、
「あ〜残念ですが、このモデルも来月の14日でサポート修理しますんで夜露死苦!!」と
言われちゃったんで(笑)

対象機種をお持ちの皆さん!!メーカー修理を出すなら今のうちに!!
データ保護ご希望の方、もしくは既にサポート切れてしまっている方は
是非弊社までご依頼ください。(結局、最後は宣伝かよ!!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_footer() in /home/arst2/www/arst_blog_item/php/footer.php on line 137