idea sharing about apple products.

水もしたたるキーボード?

MacBook Pro 13inch Mid 2010

機種、仕様、OS:MacBook Pro (15-inch, Late 2011)

 

今日の案件:

キーボードの上にお茶をこぼしてしまった。しばらく乾かしてから電源ボタンを押したら1回起動したが、それ以後はいくらやっても起動しなくなったとのこと。

診断結果:

本体を逆さまにして振ってみましたが、液体は奥にも残っていない様子。電源ボタンが水損で接触不良を起こしたものと思われます。1回は起動したとのご申告に、いちるの望みをかけてみます。もしかしたら、起動したときは電源ボタンの通電位置がちょうどうまい位置で押されたのかもしれません。押し方を、位置、方向、強さ、いろいろ変えてやってみましたが、やはりダメでした。

修理内容:

ボタンを押してできる隙間からドライヤーの熱風を当てて、中の乾燥をこころみました。結果はやはりダメ。次の手段は、手近なデスクトップ機でよく熱を出す機種の上でキーボードを露出したまま半日ほど放置して、自然乾燥させてみました。結果はこれもダメでした。2,3日こうやって気長に乾かせば治ることもあるのですが、お客様をそんなに待たせることもできないので、キーボードの交換をご了承いただき、交換修理を行いました。

専門家ならキーボードの上で飲食は禁物とわかっていますが、お客様に禁止することもできないので、今後のために、水分やホコリ対策にキーボードカバーを使うと安心であることをご案内しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です