idea sharing about apple products.

MacOS10.9 Mavericks の AppNap について

AppNap Off

MacOS10.9 Mavericks がリリースされて早約4ヶ月になりますが、所有しているMacBookAir Mid 2012 をLionからアップグレードして使用していますが、今のところ特にストレスもなく中々快適な動作です。Mavericksについてネットで調べてみると色んな意見がありますが、確かにインストールしたあとLionよりもOSが占めるSSDの使用容量が減たのかもしれません。インストール後にSSDの空き容量が増えました。噂通りメモリの使用プロセスが改善された恩恵かLionよりもキビキビ動くような感覚です。しかし一点、Mavericksから導入されたAppNapの機能には注意が必要かもしれません。AppNapとは複数のアプリケーションを同時に使用する時の消費電力を節約できるようにする機能ですが、これによって特にプロアプリケーショの動作に障害が出る場合があるようです。この情報は既知していたので特にAdobe系やDTM、またはFinal Cut Pro等のビデオ編集アプリケーションにはこのAppNapを設定を切って使用しています。AppNapの切り方は、アプリケーションアイコンを選択したあと、Finderの情報を見るで情報ウィンドウを表示します。すると画像のように”AppNapを切にする”というチェックボックスが出てきますので、これにチェックを入れるだけです。DreamWeaverが動作中に頻繁にフリーズしてしまう等あった場合にはこの設定で改善されるかもしれません。しかし次のOSはMacOS11でしょうか?全く新しいユーザインターフェイスへの変更がある可能性は多いに期待出来ますね。楽しみです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_footer() in /home/arst2/www/arst_blog_item/php/footer.php on line 137