idea sharing about apple products.

MacProやPMG5の修理&復旧をご依頼される場合

以前にも当ブログで、
Macを買った時に本体が入っている純正の箱を
捨てては行けない!! というような事を
書いた記憶がありますが(すいません、健忘症気味でw)

この所、弊社に送られてくるMacProとか
PowerMacG5で、輸送時の配送事故と思われる本体外装
の歪みが多発しておりますので、再度ネタとして取り上げておこうと思います。

この種類のMacはデザインは素晴らしいですが、なんせこの筐体部分
エンクロージャーとも呼びますが、このアルミで出来た外装部分が
衝撃に弱い!!
(まぁそもそも普段から持ち運びする事を考えて作ってないわけだから
仕方ないですけど)
ちょっとした衝撃で写真のように筐体が曲がったり歪んだりしてしまうのです。

これが純正の箱だと、キッチリとはまり込むように整形された発泡スチロールに
守られているから良いんですが、通常の宅配便の箱だと結構厳しいんですよ。
最近は運送会社さんも独自のサービスとして
パソコンを運ぶ『パソコン宅配便』みたいなプランを用意してますが、
我々が見た限り、某Y社とか、某S社とか、某〒社とか(笑)
そのどこもこの機種にピッタリくる箱が無いんですよね。

また、せっかくそういうパソコンを運ぶ為に特化したサービスを行なってるくせに
梱包の方法がメチャクチャだったりする事が多い。
『これじゃ〜緩衝材の役割になってないじゃん』みたいな入れ方されて
送られてくる事が多々あります。

箱のサイズだけで言えば、
ノート型だったりデスクトップならPowerMacG4あたりまでは全然問題無いんですが・・・・。
とにかくMacProとPMG5についてはちょうど良い箱がないって事なんでしょうが
サイズ的に無理くり入れられてくる事が多いので、前述の様な配送事故が多発してしまって
いる訳ですね。

現状はこれと言った解決策も出て来てないようなので
出来れば購入時の箱を取っておいて、使って欲しいですし
もし無い場合はお送りいただく前に一度ご相談いただければと思います。
弊社には直接弊社ドライバーがパソコンを取りに伺う
弊社便というサービスもありますのでね。

ってな感じで、今日は箱の話でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_footer() in /home/arst2/www/arst_blog_item/php/footer.php on line 137