idea sharing about apple products.

Windows7のインストールが失敗した。【MacBookAir MD711J/A】

 

BootCamp

機種、仕様、OS:MacBook Air (11-inch, Mid 2013) 1.3GHz i5 メモリ4GB SSD250GB OSX10.9.4

今日の案件:

Windows7を使いたいので、Boot Campを使いインストールしようとしたが、最後の登録画面でキーボードが反応しなくなり、その先に進めないとのこと。

診断結果:

Boot Campのバグにより、Windows7でキーボード等の入力を受け付けない状態になってしまっています。このバグを回避するため、インストールのときに少し工夫が必要となりますが、弊社はその技術を持っております。

修理内容:

Windows7をイメージ化しておき、Boot Campをインストールしなおしてから、Windows7を再度入れました。今度はキーボードが正常に使えるようになったので、その後は問題無くインストールが完了しました。

サービスで、Microsoft Security Essentials という、マイクロソフト製のWindows用ウイルス対策ソフトもインストールしました。これでウイルス対策も万全で、無敵のMacとなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です